家づくりの進め方 障子に網戸を貼る?! アメリカと日本建築の融合

本日は、「アメリカ広葉樹日米建築家懇談会」に

参加させて頂きました。

 

草野は、建築家ではありませんが、

日本建築家協会(JIA)の愛知地域会の住宅研究会に

参加させていただいている関係で、

潜り込ませていただきました。

 

会は、日本人やアメリカ人の建築家6人による

講演やパネルディスカッションなど、専門的な内容。

 

 

いろいろと興味深いお話をお聞きできましたが、

特に印象的だったのが、アメリカ出身で

現在日本で活躍している建築家

James Lambiasi(ジェームス・ランビアーシ)さんのお話し。

ランビアーシさんのHPはこちら

 

日本建築の良さを取り入れて設計しているのですが、

参加した日本人建築家曰く

「日本人の僕らが忘れていることも表現している」

とのこと。

 

▼▼ツーショットを撮らせていただきました▼▼

 

 

またアメリカ人だからできる大胆な発想が、

「面白いカタチ」になるとのお話しも。

 

あるマンションのリノベーションで、

風通しを確保するために、

(マンションは南面のみに窓があることが多い)

玄関を開放しておこうという話になったそう。

 

それだけでも少々日本人離れした発想ですが、

玄関を開放しておくと虫が入ってくるので、

玄関からLDKに入るところに網戸を設けました。

 

すごいのは、障子の位置(玄関とLDKの間)というだけでなく、

網戸が障子の枠に網を貼って作ったということ。

 

職人さんが「障子の枠に網を貼ったのは初めてだよ」

と言ったとか。日本人には出てこない発想です!

 

 

でも、写真を見る限り、全然違和感ないだけでなく

ジャパニーズテイストになっています。

 

網戸ってデザイン的にはスッキリしませんが、

敢えて障子の枠と組み合わせて

“見せて”しまうというのも、面白い方法ですね。

 

建築にはいろいろな可能性がありますね!

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

にほんブログ村

 

計画中ランキング

コラムをカテゴリー別で閲覧する