住宅会社選び 住宅会社にも種類がある

住宅会社とひと言で言っても、その数は数万にものぼります。そんな星の数ほどある中から、自分に合った住宅会社を探そうとすると、えらい手間がかかります。でも、住宅会社を特徴によっていくつかに分けていけば、絞りやすくなります。ここでは大きく3つに分ける方法をご紹介します。その3種類というのは、大手ハウスメーカー、地元の工務店、建築家と3つです。

 

まず、大手のハウスメーカー。テレビや雑誌などで宣伝をしているので、この3つの中で知名度は抜群です。モデルハウスやショールーム、充実したパンフレット・カタログで比較検討できるので、誰でも分かりやすく家づくりを進められます。自社工場での生産を中心としているので施工精度の高さや工期の短さもメリット。営業や設計担当者だけでなく、アフターや税金などサポート体制も充実しています。ただ、標準仕様にオプションをつけるという考え方なので、特殊な要望だとコストが上がったり対応できないこともあります。

 

次が、地元の工務店。比較的安価に家づくりを行えるのが魅力。昔ながらの職人が自然素材を使用して家や、高気密高断熱に特化した家など、独自性の高い家づくりをしている会社もたくさんあります。ただし規模が小さい会社が多いため、自社保証の能力にばらつきがあったり、デザインの得意・不得意があるほか、大々的な宣伝をしていない会社も多いため、自分に合った工務店を見つけるのが簡単ではありません。

 

最後が建築家。設計の専門家なので、質の高い設計提案力がウリ。家事動線や採光、収納、プライバシーの確保など、細かく配慮のあるプランニングが期待できます。また、設計だけでなく施工現場の監理も行うので、施工会社などからの見積もプロの目で査定してくれたり、施工中の品質チェックもしっかりしてくれます。ただし、「設計監理料」が工事費用の10%程度かかるほか、工期も長くなりがち。デザイン性や家に対する考え方も千差万別なので、人柄も含めて選ぶようにしましょう。

 

以上見てきたように、住宅会社は種類=業態によって特徴が全く変わります。まずは自分にとってどの業態が合っているか絞り込み、その業態の中で候補の会社を数社比較すると、スムーズに理想の住宅会社を選べるでしょう。